<ジックス・ブランド・プロフィール>

設 立
1986年12月

輸出先
アメリカ・ドイツ・スイス・イギリス・イタリア・オランダ・スウェーデン・オーストラリア・スペイン・ギリシャ・ロシア・南アフリカ・香港・中国・韓国・マレーシア

ブランドの特徴
ZYXの名前の由来はZ(時間軸)Y(振幅)X(周波数)の3次元的要素の整合によるアナログオーディオ再生から来ている。よって製品は特許・実用新案などを使い、時間軸歪を解消させたリアルサウンド発電系が搭載され、これに最新のマイクロリッジ針、ボロンカンチレバーなどのハイテク素材が使われている。

●製品の評価
アナログオーディオの盛んなアメリカ・ドイツでその評価は高く、オーディオ誌で年間BESTカートリッジとしての受賞も多数あり、アメリカでもっとも権威のあるステレオファイル誌の“クラスA”評価も得ている。
また、伝説のレコードプレイヤー・寺垣式プレーヤー・シグマの推奨カートリッジとしてR-100Tというモデルが指定されていたことでも有名である。


●孤高の技術者:中塚久義●
ZYXの中塚氏は社長兼技術者。いや、技術者兼社長と言うべきか・・・長野県に生まれ、少年時代よりオーディオ機器に慣れ親しむ。大学を卒業後、オーディオメーカーのトリオの開発部に入社、当時の花形であるごのカートリッジの開発にいそしむ。その後デンマーク・オルトフォン社に入社、銘機MC20を開発する。
1976年、フォノカートリッジのパーツ大手・並木精密宝石に入社、ここで多くのメーカーのOEMカートリッジを担当し並木精密宝石のバックアップの下、1986年に現在の会社を設立。
中塚氏は過去の歴任した会社で得られた経験からMCカートリッジの抜本的設計の見直しをし、15見及ぶパテントを取得。ZYX製品にはこれらのノウハウが凝縮されつぎ込まれている。
フォノカートリッジを専門に取り組んできた技術者は現在、世界でも数えるほどしかいない。デジタル・オーディオの発展の影でそれらに全く目を向けずアナログ・オーディオを支えてきた中塚氏はまさに”孤高の技術者”である。